ミノリぽけ♪のメモリーカード

     ライバロリに憧れるルカリオ使いのブログ  気軽にどうぞ🎵

7世代ゴツメ枠再考(ルカリオ視点)

ゴツゴツメットの有用性 - ミノリぽけ♪のメモリーカード
の続き。
この記事では個人的にゴツメ枠で使うと良さげなポケモンを複数紹介します。ルカリオ視点ですが、サイクルを回してエースを通す戦法*1を取るのなら参考になると思います。

ゴツメ枠に求める条件*2

1.ミミッキュクチートメタグロスボーマンダ*3、ガルーラ、ギャラドス、リザX、バシャーモあたりを削る、または流せる
こいつらはゴツメで削ればルカリオでボコれる

2.対面操作技を使える*4 
👉ルカリオとの連携もあるが、物理を流した後、相手の交代先にまで“対応できた”ことになるため対応範囲を拡張することにつながる

3.S操作技が使える
👉スカーフ持ちも倒せる可能性が出てくる*5バシャーモは加速するために守る必要がなくなる。

4.回復手段がある

カバルドン

f:id:minoripoke:20181126195745j:plain
ルカリオと組ませるゴツメ枠で最高評価のポケモン

〈良い点〉

  • 高速再生技を覚える
  • 欠伸で(実質)対面操作ができる
  • 優勝な物理耐久
  • 特性で襷を潰したり、スリップダメで後続の圏内に入れられるのもgood!
  • ステロや吹き飛ばしなどなかなか器用

〈悪い点〉

  • 水・氷のケアが難しい(ルカリオ入りでは水の一貫を作りやすいため)
  • 特殊方面は脆い
  • Sが低い

ジャローダ

f:id:minoripoke:20180905232539j:plain
f:id:minoripoke:20180905232600j:plain
ルカリオ入りのゴツメ枠ではカバルドンの次に可能性があるポケモンだと思う。物理流し、起点作成から積みエースまで器用にこなせる。グロスミミッキュを起点にできるのが高評価

〈良い点〉

  • 草枠=ガッサに強い(ルカリオ構築ではガッサが重くなりがち)
  • S操作ができる
  • 蛇睨み+光合成で痺れ待ちできる(痺れ待ちして強引にリフスト突破が強力)
  • Sが高く、上からリフレクターで受けられる
  • ゴツメ枠のくせに崩しを担うことができ、ルカリオが止まる物理受けを起点にできる。*6
  • ガルミミガッサ 、ポリクチ、グロスに強い

〈悪い点〉

  • マンダやリザ、バシャドランに不利
  • 草の通りが悪く止まる相手も多い。
  • 壁前提の耐久なため素の耐久はそこそこ
  • 挑発と蛇睨みを両方入れるのは難しい*7

ランドロス

f:id:minoripoke:20180905224746j:plain
こちらもルカリオと組ませるのが定番のポケモン。ゴツメランド+ルカリオでクルクル回してる時が1番ポケモンしてる感じがする。
木の実型との差別化は、場に出るだけでゴツメスリップを稼げるかどうか。触ってもらうだけで裏のエース圏内に入れられる*8かはかなり大きい差だと感じる

〈良い点〉

  • S操作ができる
  • 対面操作技がある=皮を剥ぎながらルカリオに繋げるのが強い
  • ステロを自然に採用できる。

ステロでエースを通すルートと、サイクルを優先するルート2つを選べる

  • タイプ・数値が優秀
  • 地面無効=飛行枠
  • 威嚇で後続のサポートができる

〈悪い点〉

  • マンダに不利
  • 電気が重くなる(HBだとめざ氷で崩れるため)
  • 羽が生えてない
  • 威嚇込みの耐久

スイクン

f:id:minoripoke:20181126201442j:plain
優秀なタイプ・数値を持ち、物理受けにマッチする熱湯が優秀。受け切るよりは対面から削る、ゴツメで物理相手に隙を見せずに殴り合うイメージ。個人的にはSを調整して凍風+リフレクで撃ち合う型が好き。

〈良い点〉

  • 熱湯が強い
  • 凍える風でS操作
  • ミラコ・リフレク・吠えるなど構築の穴埋め性能が高い
  • Sもそこそこ
  • 零度で崩しを行える

〈悪い点〉

  • 回復技が眠るしかない
  • 受けきれるわけではないので立ち回りがシビアになりがち
  • 電気のケアが難しい

バルジーナ

f:id:minoripoke:20181126202306j:plain
S1ではポリゴン2と並んで屈指の受けポケモンだった。ミミッキュに弱いことに目を瞑れば、ゴツメ枠として高い性能を持つポケモンだと思う。ルカリオが不利なガルドに強めなのも高評価。

〈良い点〉

  • HBDどれも高い水準。
  • 羽休めを覚える
  • 特性でガッサに強い=草枠
  • カバマンダガルドに強い
  • 対面操作技を覚える
  • 地面無効=飛行枠
  • イカサマで物理相手に起点になりにくい
  • 毒羽ができる

〈悪い点〉

  • ヒレやテテフなどのケアが難しい   
  • ミトムやアシレーヌが重く、別に草枠が欲しくなることがあり、結局バルジいらなくね?となる時がある

 

⭐まとめ

個人的にルカリオと組ませるのならカバルドンジャローダの評価が高い。レート環境では対面ルカリオが主流のようであるが、そういった構築はほぼ1つの結論に近い形が見えつつあり*10(結論なんてモノは存在しないが)、これからはサイクルを回すルカリオ軸がもっと増えてもいいと感じる。


めっちゃ六世代みたいな記事になった笑
他にも随時追記していきます。(サンダーやパンプジンは興味あるのでそのうち書きます)

以上。

*1:例としてはバシャサンダーナットやコケコ(ロトム)ランドグロスなど。サイクルを回しながらエースの一貫を作る構築。

*2:全てを満たす必要はない

*3:ボーマンダは厳しいがルカリオより遅いマンダが多いため1度流せば冷凍Pでいい勝負にはなる

*4:これがないと、対面操作技のないクッショッンの宿命としてクレセリアのように釣り交換をしなければならなくなる

*5:例えばルカリオvs.サザンドラ。一見ルカリオが有利そうだが、サザンがスカーフだと負ける

*6:受けルのラッキーを挑発+ゴツメで起点にできる、ドヒドイデも黒い霧を封じて起点に

*7:威嚇持ちからジャロを繰り出すつもりならリフレクターを切るのはあり

*8:木の実ランドの場合、例えばクチートの攻撃に受け出して逃げられるとルカリオの射程には入らない。ゴツメなら逃げられようが削れる

*9:ルカリオとクルクルすることで誤魔化せるレベルではある

*10:カバルカリザミミッキュ@2、取り巻き候補も限られてくる印象