ミノリぽけ♪のメモリーカード

     ライバロリに憧れるルカリオ使いのブログ  気軽にどうぞ🎵

 [使用メモ]突撃チョッキ霊獣ボルトロス

f:id:minoripoke:20180909005305j:plain
アローラ♬ミノリです。
今回はチョッキを着ることで悪巧みによるサイクル突破性能と引き換えに、高い対面性能・構築の穴埋め性能を手に入れた、私が愛用しているチョッキボルトロスについてまとめようと思います。よければみてみてね☆

ボルトロスに突撃チョッキを持たせる意味(=主な採用理由)

f:id:minoripoke:20180908235510j:plain
(データはシーズン11終了時点のモノ)
↑のデータを見ると、ボルトロスの突撃チョッキは比較的珍しい部類と言えると思います。では持たせるメリットはなんなのか?を説明します。

~この型の強み~

1.電気受け・対電気の駒

f:id:minoripoke:20180909190945j:plainf:id:minoripoke:20180909191124j:plainf:id:minoripoke:20180909191147j:plainf:id:minoripoke:20180909191348j:plainf:id:minoripoke:20180909191225j:plain
☞構築に通りやすく穴になりやすい電気の一貫を切りながら、こちらは高火力で一方的に殴れる。突撃チョッキで飛躍的に伸びた特殊耐久で、特性の蓄電を1番活かせる型であると言えるでしょう。特に、対策が難しい霊獣ボルトロスの1つの回答になれることは他には無いメリットだと考えます。

2.対水性能

f:id:minoripoke:20180909185608j:plainf:id:minoripoke:20180909185617j:plainf:id:minoripoke:20180909192035j:plain
☞最近のレート環境では、高火力の水技でゴリ押しするシーンが多く見られる。水技は一貫性が高く構築の穴になりやすいですが、この型なら崩れずにサイクルを回したり、耐えて遂行したりできる。(水タイプは特殊が多いため相手がしやすい。)

3.高い撃ち合い性能(VS特殊AT)

f:id:minoripoke:20180909192519j:plainf:id:minoripoke:20180909192516j:plain
☞突撃チョッキによって高い特殊耐久があるので、受け切るのが難しいガリザYメガゲンガー特殊ルカリオなどを対面から相手にできる。特殊相手なら対面性能はかなり高い。

4.サイクルのクッション性能

f:id:minoripoke:20180909223043j:plain
チョッキ+ボルトチェンジで、サイクルの潤滑油として仕事ができます。有利対面を作り、決定力の高いエースポケモンに繋げば主導権を握り有利に展開できるでしょう。(ボルチェンで削ってルカリオの先制技で縛るなど、連携の取れた芸当が可能になる)

~HD木の実型との差別化~f:id:minoripoke:20180909213854j:plainf:id:minoripoke:20180909214140j:plain

木の実ボルトロスはこの型と似た役割を持っているので、ここで差別点を挙げます。優劣はないと思うので、好みで選択するのがよいかと。

①補助技が使えるかどうか。

②火力や素早さに回せるかどうか。

(木の実型は火力も素早さも振る余裕がないが、チョッキはそれらを確保できる)

③総合耐久

(木の実型は物理にもある程度仕事ができる。一方でチョッキは特殊方面への瞬間的耐久は勝る。)

~型の紹介~

・霊獣ボルトロス@突撃チョッキ

f:id:minoripoke:20180908234627j:plain

性格:控えめ
実数値(努力値)
H175(164)B91(4)C198(116)D115(116)S135(108)

調整意図
H 16nー1 
B 余り
C 10万VでH振りオボン水ロトム確定3発
D 余り 特化(控えめ)リザYのオバヒ最高乱数切り耐え
 (≒ステロ+アゴの竜Zを高確率で耐える)
S 最速70族抜き


確定技:10万V/めざ氷
候補技:ボルチェン/草結び/ヘドウェ/気合玉/サイキネ/蜻蛉返り/焼き尽くす


ボルトロスはいろいろな調整が考えられますが、サンプルとして私が1番使っている調整を載せました。他の調整案についても簡単に触れるつもりなので、1つの目安程度に考えてください✨

[役割対象]

ガリザY/カプ・コケコ/メガマンダ/カプ・レヒレ/ボルトロス/テッカグヤ/水ロトム/(HDでない)サンダー/ドヒドイデ/アシレーヌ/ジャローダ/スイクン/ヤドラン/ライボルト/激流ゲッコウガ など

[立ち回り]

 初手に出すことが非常に多いです。広い技範囲と対面操作技を活かして、試合のペースを握りましょう。チョッキで特殊耐久は保証されているので、積極的に交換読みをしやすいのもポイント👍
 また、初手でボルチェンを見せるとスカーフと誤認してくれることも頭の片隅に置いてプレイするとなお良し。

[技構成]

まずメイン技の10万Vと定番のめざ氷は確定。次に候補技ですが、これは構築に合わせて選ぶのがベストです。このカスタマイズ性能の高さも魅力ですね😋技の組み合わせ次第で様々なサイクルを崩せるのもグッド。

ヘドロウェーブ(ヘドロ爆弾)

ジャローダカプ・コケコ・その他妖(フェアリー)を強く意識する場合に。最近増えてる瞑想持ちのコケコに競り勝つには絶対に必要ルルドヒドイデを一匹で破壊できるようになる。優先度は高い。

・気合玉

⇨とても範囲が広くなる。強く呼ぶマンムードリュウズに刺さり、ポリ2やナットレイへの打点にもなる。無難に選ぶならこれ。優先度は中ぐらい。

・草結び

⇨1番気に入っているオススメの技。ボルト自身が強く呼んでしまう地面タイプを逆に返り討ちにできる。命中も安定でストレスフリー。カバリザYの並びや雨パ(交換読みの必要有り)を切り崩せる。優先度は中ぐらい。 

ボルトチェンジ

⇨有利にサイクルを回す技。クッション性能の高さを最大限引き出せるため、エースのお供にするならぜひ欲しい技。優先度は高い。

  • 蜻蛉返り

⇨ボルチェンと似ているが、こちらは無効タイプがないのが特徴。基本的に味方と連携してマンムーの無償突破に使う。優先度は低め。
具体的には、
①上から蜻蛉返りし襷を潰してルカリオに繋ぐ
②氷柱をルカリオで受ける
の流れで処理できる。(Sはマンムー抜きまで振る。)

⇨ピンポイントでフシギバナアーゴヨンを狙いたい場合に。優先度は低め。

  • 焼き尽くす

⇨木の実を焼却処分できるめざフレイム。優先度は低いが、木の実に頼った戦術を機能停止に追い込める。過去作限定。

[バリエーション](調整案)

サンプルの調整ではDが少し余剰気味であるため、少し削ってBに回したり、Sに振ったりすることも考えられる。そこで、調整の目安だけ書いておくので、参考になれば嬉しいです。(思いついたら更新する予定)


・特殊耐久の目安:
h164-d28振り臆病リザYのオバヒ最高乱数切り耐えメガゲンのヘドロ爆弾2耐え


・物理耐久の目安:
h164-b12振りA200ガブの逆鱗確定耐え

・火力の目安:
c196振りH183-D106ガブリアスめざ氷で93.6%の乱数1発

・素早さの目安
S220振り準速ミミッキュ抜き


・相性の良い味方

構築の穴埋めに適した性能を持っているので、様々な構築に入りうる。

f:id:minoripoke:20180909224751j:plain
具体的にはルカリオ/バシャーモ/クチート/ゲッコウガ/リザY/リザX/メタグロス/メガゲンガーなど。ボルチェンから繋いで暴れてもらおう。

  • 水タイプ

f:id:minoripoke:20180908231005j:plain
スイクンカプ・レヒレなど。彼らが不利な電気や草からの引き先になれるし、ボルトの不安な物理技を受けてくれる。

f:id:minoripoke:20180909224348j:plain
カバルドンの呼ぶ水・草にボルトが強く、ボルトの苦手な物理にカバが強い。ボルチェンからカバに繋げば起点作成の対面を作り出せる。氷の一貫があることに注意。

・終わりに

いかがでしたか?
構築の穴になりやすい電気・水に強く、対面性能とサイクル性能が高いことはかなり魅力的だと思います。特にエースポケモンと組み合わせることで処理できる範囲が圧倒的に広がるので、ぜひ試してみてください!ルカリオと組み合わせた構築記事はいっぱい書いてるから、そっちも参考にしてみてね✨

[供養メモ]崩しのマグスト挑発ヒードラン

ぽけっとふぁんくしょん!

ヒードラン@たべのこし(もらいび・おだやか)
193(212)-×( )-126( )-150( )-173(252)-103(44)
マグマストーム/だいちのちから/ちょうはつ/どくどく

こんにちは!ミノリです。
S7,10~11中盤に使用していた鋼の受けと崩しを両立させようとした欲張りヒードランのメモを簡単にではありますが、供養として残します。

※(考察というほど立派なものではありません)


・このポケモンを使った理由は、物理ルカリオでは崩せないドヒドイデを誘って倒せる点が強いと思ったため。
(このように強く呼ぶポケモンを役割破壊によって逆に狩る、この一連の流れを勝ち筋にできれば…という思考。ボルトの草結びと似てますね)


鋼枠と崩しの役割(と、ドランの役割)を両立したい時にオススメかもしれない。

f:id:minoripoke:20180908180421j:plain

・役割対象

アーゴヨン/カプ・テテフ/ポリゴン2/ナットレイ/リザードンY/ドヒドイデ/ラッキー/ハピナス/ギルガルド/テッカグヤ/ヒートロトム/サンダー/ハッサム/クレセリア/フシギバナ/ジャローダ/ウツロイド/ウルガモス


⇨物理のルカリオでは崩すのが厳しい並びの崩しを期待していた。通常のドランでは勝てないドヒドイテやラッキーにも勝てるようになる。

・このポケモンの役割

  1. 鋼としてカプ・テテフを受ける。
  2. マグスト(拘束+定数ダメージ)+挑発+毒(鬼火)でルカリオでは切り崩せない耐久ポケモンをレイプする
  3. その他普通の残飯ドランの役割
  4. この手のポケモンは起点になりやすいため、それを誤魔化す挑発
  5. 炎の一貫を消す


⇨つまり、鋼枠と崩しを両立させようとして生まれた生き物である。

・技構成

f:id:minoripoke:20180908194556j:plain
⇨捕まえるために必要。確定技。(崩しを狙わないなら噴煙で足りる。)

  • 毒毒/鬼火

⇨これもマグストで捕まえたポケモンを倒すのに必要。確定技。後出しのグライや物理を気にするなら鬼火、そうでないなら毒。

  • 挑発

マグストで捕まえた後に回復行動を阻止するために使う。抜くと回復されて意味がないので確定。起点になりやすい点も少しはカバーできる。

  • 大地の力

毒の通らない鋼や毒への打点。ミラーにも使える。これがないとドヒドイデを押し込めない

・使い方

  1. 耐久ポケモンマグマストームを当てて拘束し、挑発で回復を封じて毒殺する。
  2. 後は普通の残飯ドランと同じ

・長所と短所

- 良かった点

1. ドヒドイデやラッキーでドランを受けようとしてくる人にはeasy winできる。


2.普通の残飯ドランと比べて汎用性をあまり落とさない。(守るを挑発に変更しただけなため。)

3.マグマストームの拘束によって釣り交換を許さない。そのためサイクル負けしにくい。

- 悪かった点

1.グライオンに極端に弱い。

f:id:minoripoke:20180908225855j:plain
f:id:minoripoke:20180908224340j:plain
⇨崩したい陰キャの取り巻きには用心棒としてグライオンが同居していることが多く、崩せないケースがけっこうあった。そこを意識するなら、毒を鬼火にするか、別にグライの処理ルートを用意するべき。

2.運負けが付きまとう

技外しや遂行速度が遅いことから追加効果をもらいやすく、運負けを引き寄せやすい点がネック。このあたりはある程度仕方ないと割り切って使っていた。


3.水タイプに隙をみせすぎる
高火力の水タイプには抗えない。水受けを用意していないとドランから崩れる。


⇨1,3の問題はほとんどのヒードランが当てはまるため、実質は2の問題が大きいと言える。

・相性の良い味方

- ジャローダ

f:id:minoripoke:20180908180242j:plain
☞水やグライに強め。リフスト挑発で自らも崩しを行える。ゴツメかラムが好み。

f:id:minoripoke:20180908225059j:plain
☞有名なブルルドランの並び。個人的にはチョッキか生意気両刀のブルルがオススメ。グライには強くないからそこは他でカバー。

- カプ・レヒレ

f:id:minoripoke:20180908231005j:plain
☞水やグライに強め。フィールドがドランの邪魔にならないように注意(そこまで気にならなかった)。


・まとめ

・概ね想定通りに仕事をしてくれたが、グライオンを強く呼ぶパーティーを使用していたため、結局崩し切れない場面も多くあった。毒を鬼火にするか、グライや水タイプのケアができる構築で使うべきだったと反省。ただそれ以外に不満はなかったし、グライ抜きの低速サイクルは崩せていた(実際にドヒド・ラッキーをレ〇プできた)ので、取り巻きを考えてからまた使いたい。

☆サイクルルカリオ軸のポイントメモ☆

f:id:minoripoke:20180905232314j:plain

f:id:minoripoke:20180905232325j:plain

サイクルルカリオ構築を組む時に考えていることをメモとしてまとめました。とりあえず構築の骨組みとなりそうな部分だけ書いたので、後から追記していきます。
(全ての要素が必要というわけではないです。)


サイクルなのでルカリオの型は物理でフルアタ想定です。
f:id:minoripoke:20180905230319j:plain

⭐ゴツメ枠

f:id:minoripoke:20180905224746j:plain
ルカリオの圏内に押し込むために必要!!

削りたいポケモンメタグロスハッサムクチートミミッキュバシャーモギャラドス…その他物理ポケ全般

⭐鋼枠

f:id:minoripoke:20180905230226j:plain

・スカーフカプ・テテフに抵抗できるようにするために必要。そうでなくても耐性が優秀。できれば少しでもルカリオと弱点が被らない鋼を選択したい(アローラベトンなどテテフに強いポケモンでも可)

テッカグヤギルガルドヒードランナットレイジバコイルドリュウズ

⭐電気対策枠(≒地面枠)

f:id:minoripoke:20180905232915j:plain

・ボルチェンの一貫を作ると防戦一方になり不利になるのでそれを防ぐ枠。
→霊ボルト、マンムーホルードアローラガラガラ

⭐飛行枠(浮遊)

f:id:minoripoke:20180905232505j:plain

・浮いてるポケモンがいないとルカリオの弱点である地面技を空かせない。できれば2体は欲しい。

⭐草枠

f:id:minoripoke:20180905232539j:plain

f:id:minoripoke:20180905232600j:plain

・ガッサに強い枠。ルカリオ入りではガッサが重くなりやすいので、胞子の一貫もできれば切りたい。
→草ポケモンバルジーナ、草食マリルリ、カプ・コケコ、カプ・レヒレ+鋼、ラムのみ、ゴーグル、寝言いびき

⭐ポリ2を倒せる枠

ルカリオを選出できないときにポリ2を崩す枠。ギルガルドドヒドイデ等と組まれているとルカリオでポリ2を崩せないので、コイツらに強いことが必要。

ルカリオを絡めた処理ルートを考えておく

→選出機会が増える 
(ex.ボルチェンで皮を剥いでルカリオでしばくなど、連携処理を意識する)

☆炎と水の一貫を切る

一貫しやすくこれを怠るとゲコやレヒレの水Z・ウルガモス等ですぐに崩れる

☆対面操作技(ボルチェン、とんぼ、欠伸)

f:id:minoripoke:20180905230442j:plain
f:id:minoripoke:20180910025003j:plain
ルカリオを安全に着地させるのに必要

カバルドンの欠伸ループを抜け出す策

(ラム持ちやレヒレグライオン、挑発)

☆ステロ要因

f:id:minoripoke:20180905232707j:plain



まだありますがとりあえず骨組み・基盤ならこんな感じかなと

S11使用構築 †展開偽装・役割分散カバルカスタンダード!† [最高最終2100]

皆さんお久しぶりです!ミノリです。
記事を観に来て頂きありがとうございます✨


まずはS11お疲れ様でした!目標のレート2100を達成できたので、使用した構築を記事にまとめて紹介していきます(≧∇≦)b


タイトル長くなっちゃいましたが、私はこの構築を神速逃亡鯉のぼりスタンって呼んでました(笑)


因みにTNはミノリ♪とカティ♪の2つのロムで潜ってました。対戦してくれた方対戦ありがとうございました。(2100乗ったのはカティ♪の方)

f:id:minoripoke:20180904145747j:plain

4体は今までと同じなのであんまり変わり映えしないですけど…笑(なので前の記事読んだことあるよーって人はボルトロスまで飛ばしてくださってかまいません)


 それでは構築名の説明を。構築名の展開偽装とは、カバルドンで起点を作って積む構築に見せかけて、サイクル戦を仕掛けることを指す。

 
 次に役割分散とは、ナットレイを採用することで役割を分散し、過労死気味のボルトロスカバルドン負担を減らしたり、起点作りの役割をカバとナットに分割し、ゴツメカバの性能を落とさずに欠伸ループできたりすること。
 

また、サイクル寄りの構築は積みポケモンに崩されやすいが、神速連打で上からしばき倒すことである程度誤魔化せるような機構があるのもグッド👍。
 

 カバナットのサイクルで受け回すことや神速連打で対面的に戦うこと、起点を作って抜いて行くこともできる。相手に合わせて柔軟な立ち回りができる、全体的にバランスの取れた構築(=スタンダード)を目指しました。


☆参考リンク

(リンクは無断転載です。申し訳ありません。問題ありましたら削除いたします。)

⭐目次

・パーティーができるまで
・コンセプト
・パーティー紹介
・苦手なポケモンと並び
・終わるに~結果と感想~
QRレンタル

1.パーティーができるまで

f:id:minoripoke:20180904145747j:plain

・S8からずっと新しいルカリオ構築を考えていたが、自分で納得できるモノができなかった。そのため自分の中で1番安定すると思っている、以前までの構築のベース(カバルドン@ゴツメ+メガルカリオ+カイリュー@鉢巻き+ボルトロス@チョッキ)を引っ張ってきた。ここまでで4体確定。
  
 
 残りの枠にはスカーフテテフを受けつつガッサにアドバンテージを取られにくい鋼枠としてナットレイ。ラストの枠はリザードンバンギラスファイアローといろいろ試して、、一番馴染んだルカリオと好相性で水枠も担え、クッションも積みエースもこなせる半回復木の実ギャラドスを採用して構築ができあがった。

2.コンセプト・戦法

サイクルを回してルカリオを通す 
カバルドンで選出を誘導する(相手は起点作られることを嫌うため)
ナットレイで役割を分散させて役割集中を防ぎ、欠伸ループを行うことで削りを狙う
積んで崩そうとしてくる構築(アゴギャラ等)には神速連打で潰す

3.パーティー個別紹介

f:id:minoripoke:20180904170002j:plain

H215(252) A132 B187(252) D93(4) S67

性格:腕白 
・HB振り切り 余りd

・物理受けゴツメカバルドン。サイクル内においてゴツメの削りでルカリオを補助するためにゴツメ枠が必須と考えていて、現状ではゴツメ枠で1番ルカリオに合うのがカバルドンだと判断したため採用。 


・砂とゴツメで物理アタッカーを削り、ルカリオカイリューの射程圏内に入れるのが主な役割。欠伸で対面操作したり、選出の確認も仕事の1つ。今回はナットレイと合わせて欠伸ループも狙える。


・選出誘導性能が高く、相手の初手は高確率でカバルドンに強い駒から出してくるので、初手から出し勝ちを狙える。


f:id:minoripoke:20180904172024j:plain

性格:陽気
H146(4) A197(252) B108 D90 S180(252)

ASぶっぱ余りH

・相棒で構築のエース。相棒ポケモンにつき無条件で採用。サイクルを回し、インファ打ち逃げの立ち回りをするため物理型


・技構成はメイン技2つ+神速と冷凍Pで技範囲を広くした。特にメタを張ることをしないならこれが1番単体性能が高い技構成だと考えている。


ルカリオ自体は低耐久なため、欠伸やボルチェン、釣り交換を駆使してルカリオを安全に着地させることを意識し、インファの火力を押し付けるイメージで立ち回ると上手くいくと思う。


f:id:minoripoke:20180904174337j:plain

性格:意地っぱり
H191(196) A204(252) B115 D120 S108(60)

H 16n-1
A ぶっぱ
S 4振りロトム抜き
HD:珠ゲッコウガの冷凍Bをそこそこの乱数で耐える

・いつもの鉢巻きカイリュー。特性のマルチスケイルを盾に構築単位で厳しい相手を無理矢理倒したり、竜が通る構築への崩し、神速による抜き性能・ストッパー性能を買っている。ルカリオとの相性補完が素晴らしい。


・役割を見てこの枠はミミッキュの方がいいと思う人もいるかもしれない。しかしサイクルルカリオ構築では地震を無効にできる(=飛行枠)ことが重要なので、そんなに単純な話ではないと思う。


f:id:minoripoke:20180904180326j:plain

性格:控えめ
H175(164) B91(4) C198(116) D115(116) S135(108)

H  16n-1
B  余り
C  10万でオボン水ロトム確定3発
D C特化リザYのオバヒ最高乱数切り耐え
  (≒ステロ+アゴの竜Zをほぼ耐える) 
S 最速70族抜き

・愛用のチョッキボルト。この構築の司令塔。カバルドンを見て選出される水タイプを処理し、特殊全般と撃ち合いつつボルチェンでゲームメイクするのが主な役割。また、対処が難しいボルトロスに対して比較的安定して対処可能な点を評価している。(めざ氷程度では崩れない)


・技構成は草結び以外の3つは確定。草結びはヘドウェと選択だが、自身が強く呼ぶ地面を崩してそのままボルチェンの一貫を作れる動きが強いと感じたから抜けなかった。瞑想コケコを意識するならヘドウェでもいいという感じ。


・HDの耐久ラインは余りを回したら出た副産物。深い意味があるわけではないが、アゴの竜Zを耐えて(運が悪いと耐えない)1発入れることで神速圏内に押し込むことができる。


・カバ+リザYの並びに強く、激流ゲッコウガに強い点、雨パに対して交換読みでイージーウィンを狙える点がグッド✨


f:id:minoripoke:20180904182844j:plain

性格:生意気  

181(252)-114-155(28)-181(224)-22(0)

H ぶっぱ
B 特化パルシェンの破り氷柱耐え
D 余り


・割と普通のHDナットレイスカーフテテフを受けられて、かつガッサの胞子の一貫を切る役割。ボルトロスカバルドンの役割を分散させて、ボルトの過労死を防いだり、こいつでステロを撒いてカバで欠伸ループに入ることもできる。


・この構築では相手のカバルドンの欠伸ループを切ることが難しいため、、ナットレイで宿り木してからカバナットでクルクルしてステロダメージを帳消しにする立ち回りをしていた。相手がこちらのカバに隙を見せたらそこからハメ返してなんとかできる。


・カバ+ナットで受け回してスリップダメージで削った後に、ルカリオや後述するギャラドスで舞って抜いていく動きがかなりハマッていた。


・不意に崩されやすいポケモンであるため、油断しているとすぐに倒されるので注意。


・技はテンプレ。どれかを切って毒を入れてもいいかもしれない。


f:id:minoripoke:20180904185807j:plain]

性格:意地っ張り

H188(140) A187(196) B99 D120 S123(172)

H:4n
A:11n 余り
HD:臆病リザYのソラビ2耐え
S:準速ガッサ抜き(=準速70族抜き)

☆参考記事

(無断転載申し訳ありません。問題ありましたら削除いたします。)

・半回復木の実持ちのギャラドス。クッションも舞アタッカーの役割もこなせて柔軟な動きができる。参考記事を呼んでいて、サイクルパーツにもサブアタッカーにもなれるこのポケモンが構築にピッタリだと感じたため採用。ルカリオの選出を渋るマンダガルドの構築に刺していけるのが良かった。


・技は舞+3ウェポンの構成。おそらくこのポケモンの実力を1番発揮できるのは身代わりであるが、氷の牙を抜くとマンダへの打点が無くなるため身代わりは入れられなかった。それでも十分すぎるほど強かった。


・メガでない理由はクッション性能が欲しかったためと、せっかくルカリオと相性がいいのに同時選出できないのはもったいないと思ったから、の2つ。この並びだとメガギャラドスを想定されるので木の実は全く考慮されず、相手の計算を狂わせることができかなり助かった。

4.苦手なポケモン・並び

→欠伸ループを切れない。宿り木入れて回して誤魔化す。またはボルトの結びで削る。

ルカリオカイリュー以外で処理ができない

→舞われると止められなくなる。身代わりも貼られると割るのに苦労する。カイリューやギャラでごり押し

カイリュー以外では処理できない。Zを打たれる前にルカリオを合わせられると少し楽。

全員に通る技を持つので受けられない。神速で潰すのが1番安全。

→宇宙。激流はカモ。
神速やボルチェンを組み合わせて処理できる他、基本ギャラで起点にできる。けたぐり+めざ電気に3回もボコられて泣いてた

→型が割れるまでカイリュー以外で安定して処理できない。

→ナットじゃ受からないからボルトのHP管理が難しくなる。

→型が割れるまで後出しが安定するのがギャラドスしかいない。型が分かればそこまで脅威でもない。

→こういう並びは一貫する技がないため基本崩せない。釣り交換を繰り返して
†ヤンキープレイ†するか、この選出をされないことを祈るしかないです。(以外としてこない人もいる)

カバルドンが役割集中されて突破されるのが辛かった。終盤挑発ミミッキュが増えていて、カバとナット2体がかりで止めに行くことも多かった。

5.感想・結果

 結果は↓↓のようになりました。
f:id:minoripoke:20180904221216j:plain

f:id:minoripoke:20180904221413j:plain

f:id:minoripoke:20180904222355j:plain
※21チャレ直前の画像です、上下逆さまなのは気にしないで💦

 
今シーズンは(も?)かなりのデフレシーズンでしたが、その中で2100達成できたことがとても嬉しいです😂
 
 
 今回の構築は、苦手な相手はいても絶対に無理な構築は少ない、ある程度納得の いくパーティーができてよかったと思ってます。  
 
 
 心残りなのは別の構築を使ってたらミノリ♪ロムが最終日になる前に闇に沈んだことと、序盤使ってたファイアローを高みに連れて行けなかったことですね😭

 
 それでは皆さんここまで閲覧ありがとうございました!もし質問等あればここのコメントか、Twitter→@minoripokeの方にお願いします✨不定期でツイキャスもやってるから、よかったら見に来てね☆


またどこかでお会いしましょう、じゃあの🙋

6.QRレンタル

QRレンタルチーム「展開偽装・役割分散カバルカスタンダード!」のページ|ポケモングローバルリンク
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-D63A-4263

QR公開するのでよかったら使ってみてね✨


 

 [使用メモ]ゴツメファイアロー~ルカリオの仲間探し~

 バローラ!どうもミノリです。いつもお世話になってます。
 今回から使用メモとして構築記事には書けなかったけれど、気に入ってたポケモン(基本的にルカリオと相性のいいポケモン)を紹介していく記事を書こうと思ってるのでよろしくお願いします🎵(考察と呼べるほど立派なモノではありません。あくまでもメモってことで)


…と前置きはこの辺にしておいて、紹介に移ります。
記念すべき最初のポケモンは、ほぼ全ての型のミミッキュに強く、ルカリオと補完も良いファイアローです!パチパチパチパチ👏👏


f:id:minoripoke:20180427130713j:plain


ファイアローと言えば、7世代から大幅な弱体化を受け、レート環境から姿を消してしまったポケモン、というイメージの人が多いのではないでしょうか。しかし、かつては最高にカッコイイ専用特性“疾風の翼”を武器に、ORAS環境で大暴れしたポケモンでした。型が豊富で、シンプルにAS、HA鉢巻き、HBゴツメ、HDラム、舞うタイプに追い風脱出などの様々な型が存在し、アロー入りの有名な構築もたくさん出現しました。
その1つが、ルカリオバンギラスと組んだ積みサイクル(積みリレー)バンギランド(ルカリオ)アローです。SMから始めたよーって人ももしかしたら聞いたことあるかもしれませんね。


f:id:minoripoke:20180427135110j:plain

この構築でお分かりかと思いますが、ファイアロールカアローという並びになるぐらいルカリオと相性がいいです。あのリザードンと同じタイプなのだから相性が悪いわけないですね笑

そこで、まだまだアローだって羽ばたけるんだぞーって事を知らせる事と、ルカリオと相性良好なのに、弱体化して風化しがちのコイツを忘れないための2つの理由から書こうと思い至った訳です。

そんなわけで、私がエース(ルカリオ)を通すために良く使うアイテムであるゴツゴツメットを持ったファイアローについて書いていきます。挑発剣舞で相手のカバを起点に全抜きを狙うアローもルカリオと好相性で強いと思いますが、展開系の構築をあまり使わない私にとっては管轄外なのでここでは触れません(^^)

・目次

1.型紹介(今回はゴツメ型)
2.バリエーション
3.相性の良い味方

1.型紹介

ファイアロー@ゴツメ 陽気or臆病

特性:炎の体

f:id:minoripoke:20180427143250j:plain

H175(172)  A101  B114(180)  D89 S182(156)

H  16n-1

S  ジャローダ(最速113族)抜き

B  余り 
H-Bラインの目安 メガバシャの膝を2耐えする程度

技:ブレイブバード/鬼火/挑発/羽休め

候補技:フレアドライブ/火炎放射/オーバーヒート/蜻蛉返り 

役割対象

ミミッキュ、(岩技のない)バシャーモメタグロスクチートナットレイミミロップ(火傷無しだと恩返し2発は受からない可能性があるので後出しは注意)、ハッサムルカリオ(物理)、ヘラクロスジャローダカミツルギフェローチェテッカグヤ、ガルーラなど
・その他鬼火の入る物理アタッカー


・六世代からの由緒正しきゴツメアロー。物理アタッカーに上から鬼火を打ち、羽休めとゴツメ火傷のスリップダメージで削り倒すミミッキュを封殺したり、受けきれなくても羽でゴツメダメを稼いで、ルカリオなどの後続や自分のブレバ圏内に押し込んだりするのがお仕事。


・1番の魅力はほぼ全てのミミッキュに後出しから勝てること!!環境に蔓延るミミッキュに強いため一定の需要・強さはあるはず。他にも、ゴツメで削りたい相手(グロスクチートハッサムミミッキュ等。コイツらはルカリオインファイト確1圏内に入れるためゴツメに複数回触らせる必要がある)に対しては圧倒的に有利で、無理なくゴツメに触らせることができる点を評価したい


・技について。羽休めと鬼火はコンセプト上確定挑発は準確定で、これがないとコイツの強みの1つであるミミッキュ性能が大幅に落ちるので可能な限り入れたい。攻撃技はある程度選択肢があるけれど、個人的にはブレバがオススメ。なぜなら炎技を打ちたい相手は挑発鬼火で足りることが多く、炎技が欲しいとはあまり感じなかったから。そしてなによりカッコイイ。構築単位で炎打点が欲しい場合はフレドラ、反動を嫌う場合は特殊技に落ち着くと思います。


努力値について。鬼火を打ちたい物理のアタッカーがS110付近にいるため(メタグロスルカリオ)、それらをまとめて抜き去り、役割対象のジャローダにもキッチリ遂行できるように調整。


・特性は炎の体。接触技に受け出した時に三割押し付けられるのは大きい。アタッカー型のアローなら疾風の翼がいいと思うが、耐久型だとメリットが少ない。


・鬼火を当てることができればクレセリア級の物理耐久になる。火力面も特化ハッサムのバレパンぐらいとそこそこの威力にはなるので、削った後の抜き性能もそこそこある。


・立ち回りについて。基本的に有利な相手に出し、炎の体や鬼火で火傷させ羽で受けきる。安定行動を心掛けることが大切(戒め)。羽休めで耐性を変えることで雷パンチ持ちの物理アタッカーも交換際に気を付ければ問題なく受けられる。

・欠点

・タイプ依存、鬼火依存の耐久。外れたらオワオワリ^^
・役割対象外のポケモンに対しては無力に等しい。特に敵でも味方でもレヒレとの相性は最悪。
・最近流行りの高火力の水、電気に弱く、リカバリーが難しい
・昔と違い岩石封じの素早さダウンが痛く、羽で受けきることが難しい
・ステロを撒かれると厳しくなる(一応自分の挑発で防げなくもない。サイクル中にやられるときついが)

⭐バリエーション

素早さをガブリアス抜きまで抑えて耐久に厚くしたり、最速にして上から鬼羽できる範囲を広げたり、ゲッコウガアーゴヨンを上から叩けるようにしてストッパー性能・削り性能を上げるのもアリだと思う。また、相手が交代してくるのが分かっていても居座らなければならない場面が多々あるので、それを解消できる蜻蛉返りを入れてみるのも面白いと感じた。

⭐相性のいい味方

霊獣ボルトロス
かなり相性がよく、アローの苦手な水、電気にかなり強め。水Zなどで崩れないようにチョッキやHD木の実がオススメ。

ロトム
こちらも好相性。ボルチェンでサイクルを回せるのもグッド👍。水や岩に有利な一方、電気に対しては強くないのでケアは必要。

ジャローダ
リフレクターや光の壁で鬼火無しでもアローを後投げしやすくできたり、水や電気に強気に出られる。ステロを撒いてくるランドやカバに有利。

ルカリオ
ルカリオがアローの苦手な岩を受けて、アローが格闘や地面、炎を透かせる。水や電気はそのまま通すのは他でカバー。
アローの型は変わってしまうが、剣舞を入れて積みサイクルの形にしてもよさそう。


……他にもたくさんいますが挙げるとキリがないので割愛。

⭐終わりに

いかがだったでしょうか?ほぼ全てのミミッキュ、ついでにナットレイに対処できるというのは現環境では一定の需要があると思います。ここでは特に触れませんでしたが、ルカリオと組んで挑発舞Zで積みリレーの形を取ったり、鉢巻きや珠を持たせて蜻蛉で対面操作をする型もルカリオと相性がいいと思うので、気が向けばブログに書きたいです。レートでアローの鳴き声をまた聴けたらいいなっ

S7使用構築 †トリック⭐スターなカバルカ竜王スタン† [最高最終2100]

皆さんこんにちは!ミノリです。この記事を観に来て頂きありがとうございます✨今回はS7に使用したルカリオスタンを紹介しようと思います。

⭐目次

・前置き、構築経緯
・コンセプト
・パーティー紹介
・苦手なポケモン
・終わりに・感想
QRレンタル

1.前置き・構築の流れ

f:id:minoripoke:20180123143623j:plain
(↑この画像のパーティーは2100達成した時のモノで、一応完成形です)

・シーズン5の時に使っていた構築をUSMに対応させたら良いパーティーになりそうだと思ったため、それを弄るところから構築のスタート
        
f:id:minoripoke:20180124095932j:plain

ジャローダ+ドランの並びがアーゴヨンとギャラに強いと考えて採用。クリスマス頃から使い始め、大晦日に2100チャレを2回するも失敗。その後はマンダ入りの構築がジワジワと数を増やしてきて解散となった。メンツがお気に入りだから勝ちたかった泣
        
f:id:minoripoke:20180124101505j:plain

ルカリオの苦手なマンダ+ガルドの並びを崩すために悪Zバンギラスを採用した。最終日までこの並びで戦っていたが、カミツルギが絶望的に厳しく勝ちきれなかったために解散。でもバンギラスナットレイも十分に強かったし、また別の構築で使ってみたい。
        
f:id:minoripoke:20180124102038j:plain
(一応完成形)
・カバルカカイリューだとギルガルドマンムー、新ポケのアーゴヨンズガドーンが苦しいので、そこに強く出られそうなゲッコウガを採用。
        
・鋼枠がいないとスカーフテテフにボコボコにされるので、耐久が高く、優秀な技の多さで補完に優れる鋼枠としてテッカグヤを採用して構築の完成。

・構築名のトリック⭐スターは積み展開を偽装したパーティーであることと、ゲッコウガのトリッキーな戦い方が由来です。トリックスター⭐ミノリと呼んでくれ


構築の基盤が同じなので記事として目新しい要素は少なくなってしまいましたが許してください(>_<)また、ゲッコウガとカグヤ以外は前とほぼ同じなので説明短めです。

2.コンセプト

サイクルを回してルカリオの1貫を作って全抜きを狙う!

3.パーティー紹介

f:id:minoripoke:20180123155707j:plain

H215(252) A133(4) B187(252) D92 S67

性格:腕白 
・HBぶっぱ 余りA

・物理受けカバルドン。砂とゴツメで物理アタッカーを削り、ルカリオカイリューの射程圏内に入れるのが役割


・選出誘導性能も高く、相手の初手は高確率でカバルドンに強いポケモンから出してくるので、相手の選出を推測しやすくなる点もGOOD!


メタグロスの相手をするときはルカリオとセットで選出するのがオススメ。最悪カバルドンが怯んでもゴツメスリップを2,3回稼げればルカリオで殴って倒せるのでリスクを減らせる。こうした少しの工夫でルカリオの選手率を高められるので積極的に狙っていきたい。


f:id:minoripoke:20180123172446j:plain

性格:陽気
H146(4) A197(252) B108 D90 S180(252)

ASぶっぱ余りH


・相棒ポケモンで構築のエース。主に崩しと終盤のフィニッシャーを担当。耐久は低めでも有利対面を作れたときの爆発力はかなり高いので、味方でサイクルを回してルカリオの行動回数を増やしてあげることが何より大切


サイクルを回す前提なので、積み技よりは技範囲を優先してフルアタ。冷凍Pと神速があることで役割範囲が広がって選出率が上がって良かったと思う。


・新規習得のコメットパンチは安易な後出しゲンガーを許さない点、特防を下げない点が強いと感じた。ただし、ラスターカノンだと止めにくる物理受けを突破できるようになるため一長一短。


ルカリオは耐久が高くないため雑に扱うと弱いですが、丁寧に扱うことを心掛ければ心強い味方だと思います。


f:id:minoripoke:20180123180606j:plain

性格:意地っぱり
H191(196) A204(252) B115 D120 S108(60)

H 16n-1

A ぶっぱ

S 4振りロトム抜き


・いつもの鉢巻きカイリュー。このパーティーの崩し担当。神速でゲッコウガアーゴヨンを無理矢理処理する役割も担っている。

・ゲーム終盤、カイリューの技が通る状態を作れれば、マルチスケイル+鉢巻き神速によりストッパーとして優秀だった。昔のファイアローみたいで爽快。

・最後の技に炎Pが入っているが、ここの枠はフェアリーに通るアイアンヘッドや、構築単位で呼びやすいレヒレに刺さる雷Pポリゴン2相手に面白い立ち回りができるようになる馬鹿力でもよかったかもしれない。


・このパーティーはサイクルは回すが受けサイクルではないため、受けきれないと判断したらルカリオカイリューの2体で神速連打して強引に潰すのも有効。攻撃は最大の防御。†超えられない優先度の壁†


f:id:minoripoke:20180123182509j:plain

性格:控えめ
H175(164) B91(4) C198(116) D115(116) S135(108)

H 16n-1

B 余り

C 10万でオボン水ロトム確定3発

D 余り

S 最速70族抜き
  

・これもいつも使ってるチョッキレボルト。カバルドンが誘うポケモンに強いことが多いので、初手に出してそれらを向かい打つ。


・ボルチェンからルカリオゲッコウガを展開して攻める動きが理想的で強かった。こういう耐久に厚いボルトロスエースポケモンと組ませるのがオススメ


・草結びは地面タイプを分からせることができ、次からボルチェンの1貫を作って有利にサイクルを回せるのが便利だった。


アーゴヨンの流行でロトムが少なく、そもそもオボン持ちも少ないので調整は変えてもよかったかもしれない。



f:id:minoripoke:20180123221823j:plain

性格:臆病
H147 A103 B88(4) C155(252) D91 S191(252)

CSぶっぱ余りB

最近では珍しいラム持ちゲッコウガ
 構築の穴を埋めながらキノガッサを誤魔化せるポケモンを探して辿り着いた。構築全体で不足気味のスピードを補い、カスタマイズ性能も高いため第2のエースとしても活躍してくれた。


・技構成は、コンセプト上キノガッサマッハパンチを空かせる影打ち、マンダやアゴを倒せる冷凍ビームは確定。残りはルカリオの天敵ギルガルドに撃てる悪の波動ギャラドスを神速圏内に入れながらマンムーにも刺さる草結び。影打ちは上手く使えば膝を空かすことができて、まさにトリックスターって感じだった。


・ラムを持つことでカバルドンに起点作りをさせなかったり、不慮の事故にも対応できるのが良い点だったと思う。火力は足りないと感じる時もあるが、先制技や砂・ゴツメのスリップダメージ、あくまで裏の圏内に押し込めばOKという意識からほとんど気にならなかった。
 

・シーズン中盤以降上位レートで数を増やしていたマンダ軸に強く出られる点、ルカリオの役割対象であるポリ2を誘う点は評価ポイント。もっと速く使ってればなぁ…(後悔)



f:id:minoripoke:20180124002813j:plain

性格:穏やか
H204(252) A108 B123 C127 D168(252) S82(4)

HDぶっぱ残りS

・D方面に厚いテッカグヤ。テテフに対して安定させたかったのでHDぶっぱ。構築の補完としてゲッコウガとセットで投入。他の鋼枠と比べて不毛な択が発生しなかったり、4倍弱点がなく不意に役割破壊されづらく非常に使いやすかった。


・技構成はヘビボンと鋼への打点になり不足している炎打点を補う火炎放射。リザを後出しされるのがウザすぎたためにそれを咎める岩雪崩。雪崩があるおかげでリザ入りの構築にも選出を渋らなくて良くなるのは高評価。というかリザとテテフが共存してる構築が多すぎて雪崩がないと選出できなかった。毒はルカリオを選出できない場合のポリ2崩しの手段。宿り木を採用していないが、抜ける技がないし、技範囲を広げて毒の通る相手を増やした方が強いと思うので不便はなかった。


・安定してカプ・テテフを受け止めてくれ、ミミッキュの誤魔化しまでできて頼れる存在だった。


・最終日に急遽構築に入ってきたので仕方ないですが、穏やかにしたせいで雪崩でリザを確1にできないガバカバっぷり。これだけ物理技使うなら慎重でも良かったかも…(後悔)

4.⭐苦手なポケモン

f:id:minoripoke:20180124102728j:plain

・このリストに載っているポケモンの多くは、カバルカカイリューの構築で重くなりがちなポケモンたち。
コイツらの処理方法は大きく分けて2つ。

1.倒すことよりも削ることを意識して、裏のポケモンで処理できるようにする

ex)神速でギャラを削って、もう1体の神速で倒す。レボルトで特殊と打ち合って削る、など。

2.補完に入っているゲッコウガテッカグヤで誤魔化す

→相手にはこの2体で誤魔化すのはバレバレだから上手く立ち回る必要有り。

⭐感想のコーナー

 ここまで読んでくれた皆様、ありがとうございます!ここからは感想のコーナーになります。

f:id:minoripoke:20180130180204j:plain

 まずはS7お疲れ様でした!結果はこんな感じでした。今期は割と早い段階から調子が良く、最高レート更新を狙っていました。が、年明けあたりから環境の変化に置いていかれ、思うようにいかない苦しい時期が長いシーズンでした。

f:id:minoripoke:20180124140914j:plain
(↑この画像の時は絶対もっと勝てると思ってたから悔しい…)

 今回のパーティーは、シーズン終了間際になって急遽ゲッコウガテッカグヤを投入した形になったので、煮詰めればもう少し強くできたかもしれない部分はちょっと残念(>_<)。それでも、なんとか目標だった2100は達成できたのでなんだかんだ嬉しかったです!
 また、来季は新しいルカリオ軸に挑戦したいと思っていますので、レートという戦場でまたお会いましょう!!それじゃあバイバイっ👋


QRレンタル

QRレンタルチーム「トリックスターなカバルカ竜王スタン」のページ|ポケモングローバルリンク https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4B16-BD01 #pgl

QR公開したので良かったら使ってみてください✨

ルカリオについて(基礎編)

 皆さんアローラ!ミノリと申します。
 今回は私が大好きな「ルカリオ」というポケモンについて、自分の考えの整理も兼ねて考えていきたいと思います。良かったら観ていって頂ければ嬉しいです✨
 ルカリオのことをそんなに知らない人向けなので、物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、技についてとかはけっこう細かく書いたので、技構成に迷ってる人にも役立つかもしれません。
 基本的な事は知ってるよーという方は、基礎的な部分は飛ばして頂いて構いません。

目次
1基礎データ
2技について
3ここまでのまとめ・オススメの戦い方
4次回予告

f:id:minoripoke:20171202203431j:plain


メガルカリオの基礎データ

タイプ:格闘・鋼

同時に採用されやすいポケモン

f:id:minoripoke:20171202203528j:plain

採用率の高い技

f:id:minoripoke:20171202203659j:plain

特性

f:id:minoripoke:20171202203720j:plain

性格

f:id:minoripoke:20171202203740j:plain

PGLのデータは2017年12月2日現在のモノ

ルカリオの基礎データの画像を列挙してみました。1つ1つみていきましょう。 

・まずは種族値から。

かなり高い攻撃、特攻を持ち、高めの素早さからエースとしての活躍が期待できる。反面、耐久は高くないため攻めの姿勢を忘れると簡単に崩れやすい攻撃に特化した性能を持ったポケモン

・性格について

性格は物理型の陽気が1番多く、次に両刀仕様の無邪気、その次に特殊型の臆病といった感じでしょうか。その時の環境次第なのでなんともいえませんが、物理型が多いようですね。もし両刀にするなら特防に下降補正をかけましょう。防御を下げるのはメガルカリオのそこそこの物理耐久を削ってもったいないです。

・次に特性について

メガ前の特性は正義の心・精神力・不屈の心の3つ。

  • 正義の心は悪技を受けると攻撃が1段階上昇する特性。
  • 精神力は怯まない。
  • 不屈の心は怯むと素早さが上がる。


物理型なら正義の心
特殊なら精神力

が安定でしょうか。

ただし、物理型でも精神力の場合ねこだまし読みメガしないなど、プレイングに幅が出ますし、メガシンカすれば関係なくなるのでそこまで神経質になる必要はないと思います。
       ⇩⇩ メガシンカすると…

・特性:適応力
タイプ一致技の威力補正を1,5倍から2倍にする

メガルカリオの強さの源といっても過言ではない強力な特性。
これによってインファイトや気合玉を威力240で使うことができ、鋼タイプの技も高威力を叩き出せる。また、先制技であるバレットパンチと真空波も威力80とそこそこの威力で使用可能になる。
 適応力のパワーは凄まじく、耐久が並の相手であれば半減相手でも確定2発にできることも多い

技について

物理技と特殊技、変化技に分けて説明します。1口コメント付き。(特殊型はあまり使ったことがないので少しエアプ気味です。ご了承ください)

⭐物理技⭐

インファイト

威力、命中ともに安定した物理ルカリオのメイン技。耐久を下げるデメリットもほとんど気にならない。基本的にはこれ。

とびひざげり

インファイトよりも火力が高い。
これを使うと受けに来たHBカバルドンをゴリ押したり、、メガクチート(威嚇無し)を吹き飛ばしたりできる。      
 ただし、命中不安かつ外したときのリカバリーがきかないのでオススメはしない。タマゴ技。

・コメットパンチ

新作でルカリオが新たに習得した鋼技。
 安定した火力、そこそこの命中(90)を持つ使い勝手のいい技。さらに2割の確立で攻撃力UPのおまけ付き。
 ルカリオの強さである格闘技が通らない相手に鋼技を高威力で打てるというのを実現できる
 これからはこれも物理の基本になると考えている。タマゴ技。

アイアンテール

 最強の鋼技。高威力で命中不安。当たれば強い。ただし、コメットパンチがある今採用するかは微妙なところ。当てる自信がある人、スリルを楽しみたい人向け。

・神速

威力80、優先度+2の強力な先制技。
ルカリオよりも速いポケモンを上から叩くのに使う。この技があればウルガモスバシャーモギャラドスボルトロスゲッコウガなどのポケモンへのストッパーとしての役割を持たせることができる。ただし、霊に無効。

バレットパンチ

 適応力で威力80、優先度+1
 こちらは鋼の先制技。主にゲンガーを縛りたい時や、ミミッキュを安定してみたい場合に採用されやすい(ミミッキュは先制技の影打ちを有しており、バレパンがないルカリオが消耗した場合、ミミッキュを倒せないことがある)。タマゴ技。

・冷凍パンチ

 優秀なサブウェポン。
 主に範囲を広げ4倍弱点を狙っていく技。
 仮想的はガブ、ランド、マンダあたりがメジャーでしょうか。
 格闘半減の飛行タイプに抜群なので補完としては十分。
 対面からでは間に合わないことも多いので、積極的に交換読みで撃ちたい技。この技を入れるならフルアタがオススメ。

・雷パンチ

 ギャラドスピンポイント技。
 ギャラドスルカリオ対面でメガシンカすることはまずないので、対面作れれば確実に刺さる(はず)。その場合、ルカリオギャラドスより先に展開しておかなければならないことに注意。
 どうしてもギャラドスが辛ければ無しではないといったところ。

地震

安定した威力の地面技。
ゲンガーやギルガルドを倒したいなら。ただし、ギルガルド地震1発では倒せないため、剣の舞と合わせて使うか交換読みをしたい。

ストーンエッジ

威力安定・命中不安のサブ技。
これがあるとリザードンウルガモスに勝てるようになる。構築単位でコイツらに薄いなら有り。フルアタ向け。

・岩石封じ

役割対象はエッジと同じ。追加効果で起点を回避するのにも使える。

かみくだく

広い範囲に等倍とれる悪技。しかし、範囲が広がったように見えて実は誰も倒せないgm技。剣舞したとしてもクレセリアギルガルドも確1にできない。積みサイクルなどで広い範囲に打点を持ちたい時、クレセとガルドに両方に通る技が欲しいときに技スペースの節約を目的とした場合に限り採用される。
タマゴ技。


⭐特殊⭐

・気合玉

 特殊ルカリオ最大の大技。
 高威力・命中不安。
 当てれば強い。メガクチートを高乱数で吹き飛ばしたり、ステロ込み悪巧み気合ボールでH振りサンダーを飛ばしたりもできる。特殊ルカリオの格闘技はこれと波動弾の2択だがこちらがオススメ。波動弾では悪巧みしても威力が足りない。

・波動弾

 ルカリオの代名詞技。
 威力は適応力で160で必中のおまけ付き。
 安定志向の人向け。あまりオススメはしない。火力はCぶっぱでH振りナットレイが中乱数程度。

・ラスターカノン

安定した鋼技。メインウェポン。
特殊型で使うなら外す理由がない。両刀型でも採用されやすい。
 

・真空波

 特殊先制技。適応力で威力80。優先度+1。
 有用な先制技。悪巧みすると波動弾と同じ威力になり、縛れる範囲も広くなる。
 砂ドリュウズを止めたり、バシャに等倍で通るのが評価ポイント。タマゴ技。

因みに、Cぶっぱメガルカリオの真空波
→相手のメガルカリオに対して乱数37.5%の乱数1発(ステロ込みで乱数50%)
覚えておくとルカリオミラーで役立つかも

・悪の波動

悪技。主に受けル崩しに特化したルカリオが持っているイメージ。汎用性が下がるためオススメはしない。素早さから怯みは期待できる。優先度低め。

シャドーボール

霊技。これも等倍範囲を意識した技。
悪の波動と同じで優先度は低め。

・めざめるパワー(氷、電気)

 特殊アタッカー御用達のめざパ。 
 ルカリオなら氷か電気が有用。
 主に4倍弱点を狙って使われる。使い方は冷凍パンチや雷パンチとおそらく同じ。悪巧みを切って技範囲を広げるならこれ。

⭐変化技⭐

・剣の舞

攻撃をあげて一気に全抜きを狙う技。
最近では舞う暇が少ないため、物理ならフルアタも一考。

・悪巧み

特殊型で抜き性能を上げる技。
味方で積む隙を作る必要がある。リオル時限定のレベル技

・身代わり

うまく使えば行動回数を増やすことができたり、Z技を透かして戦況を有利にできる技。バシャの守る読みで身代わりを残せれば勝てるようにもなる。
読まれると非常に弱いので注意

⭐基本的な技構成⭐

 基本的にタイプ一致技2つ+先制技+何かで事足りるが、構築単位で自由にカスタマイズ可能。特に物理は候補技が多いため、自由度が高い。
 ただし、範囲を広げて突破力を上げるのか、積んで突破力を上げるのかよく考える必要がある。

・ここまでのまとめ

・攻撃に特化した性能
・物理、特殊に適性があり両刀も可能。
・物理は命中安定かつ高火力のインファイトがあり、サブ技も豊富。
・特殊型は気合玉の火力で積んだときの止まりづらさがある。
・剣の舞、悪巧みを覚えるのでどちらの型でも積みエースになれる。
・豊富な先制技で他の高速エース(バシャ等)との差別化

オススメの戦い方

・物理ルカリオは命中安定・高火力のインファイトがあり、技範囲も広いためサイクルの中で適応力の火力を押しつけていくスタイルがオススメです。 

・特殊ルカリオは物理よりも圧倒的に積んだときの止まりづらさがあるので積みリレーのような構築で使うのがオススメです。

・⭐次回予告

ルカリオと相性のいいポケモンルカリオが苦手なポケモン
ルカリオ入り攻めサイクルについて

そのうち書きたいな(予定は未定)

質問等は@minoripokeまで